本文へスキップ

福井県在住の方の高次脳機能障害に関する相談機関『福井県高次脳機能障害支援センター』です。

TEL.0776-21-1300  内線 2540
MAIL.
fukui-koujinou@kve.biglobe.ne.jp

支援センターNewsSupport Center News


2020年5月1(金) うちで過ごそう …何をしよう??


 
 みなさん、ステイ ホーム週間をどのように過ごされましたか。
 福井県から「つながる県民行動指針」が出されたのは、ご存知ですか。私も、みなさんに「がんばって!」「一緒にがんばりましょうね!」って、陰ながらエールを送ります
 
 さて、新型コロナウイルスは、3つの感染症「病気」「不安」「差別」を引き起こすことが怖いと言われています。病気が不安を引き起こし、不安が差別を生み、差別がさらなる病気の拡散に繋がってしまうんです
 今自分に出来ることを行い、負のスパイラルを断ち切れるようにしましょうね
 私は、自宅で出来る楽しみ(ベランダで日向ぼっこ、運動等)を見つけることにします。みなさんの、おすすめの自宅での楽しみ方はなんですか??
 当センターのHPのトップページに掲載した、自宅で出来る過ごし方も参考にしてみてくださいね





                          当センター運営委員 こまき


2020年2月23(日) 福笑井 2月定例会に参加してきました

  

 家族会「福笑井」の2月定例会に、支援センターのメンバー数名で参加してきました

 今回は、富山から富山大学の伊藤先生をお招きし、ピアサポートについての勉強会でした

ピアサポートに関しては、私自身初めての内容だったので、方法から内容までとても勉強になりました。その中でも、先生がおっしゃっていた「ご家族から話しを聞くことで、本人・家族が “聞いてもらったことで気持ちが楽になった気がする” 感覚」は、普段なかなか想いを打ち明けられない方々にとっては非常に気持ちが楽になる経験になるのではないかと感じました。
 勉強会後、家族会の方々同士での交流会では、それぞれが想いを打ち明け、共感できる素敵な場になっていたのではないかと思います

私も、普段診療している中で、携わらせていただく患者さん・ご家族の方に少しでも想いを打ち明けてもらえるようなスタッフでありたいと改めて感じることができた勉強会となりました。



                          当センター運営委員 山ぐち



2019年12月8(日) 福笑井クリスマス会に参加してきました

       
 家族会「福笑井」の毎年恒例行事であるクリスマス会に参加してきました。
 みんなでサンタの帽子を被り、雰囲気はばっちり
 音楽療法士の方のピアノ演奏やみんなでトーンチャイム演奏・合唱、福井医療大学の学生さん企画のゲーム、アニマルセラピー、プレゼント交換…と楽しいプログラムが盛りだくさん
 トーンチャイムは初体験でしたが、とても素敵な演奏になり、クリスマスらしい曲をみんなで奏でることができました。一番の盛り上がりはプレゼント交換それぞれ思い思いのプレゼントを準備してきました。相手のことを考えながらプレゼントを選ぶ時間も、とても楽しいですよね。当日は、皆さん何が当たるかドキドキしていて、とても楽しい時間となりました。
 みんな笑顔いっぱいの、楽しいクリスマス会



                          当センター運営委員 すぎも


2019年11月28(木)〜30(土)
           日本高次脳機能障害学会 in仙台で発表してきました

 
今年度の高次脳学会は仙台で行われました。
 初めての高次脳学会参加・発表でしたが、レベルの高さに 驚かされました。「私もまだまだだなぁ」と感じて、もっと 勉強しなければ!!」とモチベーションが上がる学会でした。
 
 福井県からの参加者は少ないように思えるので、「高次脳
に興味をもってもらえる医療職がもっと福井で増えたらな…」と思う、今日この頃です。
 伊達政宗のように志高く、ぜひ一緒に勉強しましょう!

                          当センター運営委員 NKG



2019年10月26日(土)高次脳機能障害セミナーを開催しました。

 福井医療大学にて高次脳機能障害セミナーを開催しました。今年は86名もの医療関係者・支援者の方にご参加いただきました。
 神奈川リハビリテーション病院から青木重陽先生をお招きし、「高次脳機能障害の臨床〜社会的行動障害を中心に」についてご講演いただきました。青木先生のイギリスでのご経験も交えながら、支援において重要な視点等をお話しいただきました。私も、翌日からの臨床で意識して取り組もうと思える内容ばかりで、とても勉強になりました。




                          当センター運営委員 すぎも



2019年11月9(土) 多職種事例検討会〜嶺南会場〜を開催しました。

 
 中郷公民館で多職種事例検討会を行いました!
 今年は福井、丹南、嶺南3ヶ所で初めて行いましたが、事例検討会の後に、病院や地域の支援機関が集まって、「これからどうしていこうか」と話し合っている様子を見ると、「開催してよかった」と報われます。
 来年度も、3ヶ所で開催予定なので、皆さんぜひご参加ください。
 普通の事例検討会とは一味!違いますよ




                           当センター運営委員 NKG


2019年10月18日(金)〜19日(土) 高次脳機能障害友の会全国大会 inかがわに参加してきました。

   
 センター長をはじめとする支援ンセンターメンバー5名で、香川県で開催された全国大会に参加しました。
 実際に大会に参加することで、規模の大きさや運営スタッフ方の動きを肌で感じることが出来ました。
 さて、2年後の令和3年度は、福井開催です。福笑井の方と一緒に、全国から大会に参加された方のおもてなしが出来るよう、これからコツコツと準備をしていきたいと思います。
 香川のゆるキャラ「うどん脳」にも会えて、充実した2日間でした。



                          当センター運営委員 こまき


2019年9月14日(土)多職種事例検討会〜丹南会場〜を開催しました。

     
 7月開催の福井に引き続き、丹南地域で多職種事例検討会を行いました。医療・介護・障害福祉・就労支援・行政など幅広い職種の方にお集まりいただきました。参加者の方々からは、「新しい発見がたくさんあった」との声をたくさんいただいています。
 多職種事例検討会は「各地域単位で支援できる体制作り」を目的に開催しています。通年開催を予定しているので、来年はあなたも参加してみませんか?



                           当センター運営委員 中じ


2019年8月31日(土)リハビリテーション講習会を開催しました。

 今年度のリハビリテーション講習会は、140名と多くの方にご参加いただきました。
 当事者のご家族の方に、お話ししていただきました。家族が高次脳機能障害となってから今までを振り返り、様々な経験や苦労などをお話してくださいました。当事者や・家族の方だけでなく、支援者にとっても、貴重な時間となりました。快く引き受けて下さった、村下会長、大橋さん、ありがとうございました。
 そして、今回のリハビリテーション講習会のメインである、高次脳機能障害当事者でありディジュリドゥ奏者のGOMAさんをお招きしてのトーク&ライブ。当センターコーディネーターの中島と対談させていただき、受傷されてからのご経験や様々な感情の変化などをお話しいただきました。GOMAさんの優しく、温かい語りと力強いディジュリドゥの響きに癒された方も多かったのではないでしょうか。
 遠路はるばるお越しいただき、本当にありがとうございました。GOMAさんの、益々のご活躍をお祈りしています。

 来年度も、皆様に喜んでいただけるようなリハビリテーション講習会になるように企画いたします。乞うご期待。



                          当センター運営委員 杉 & 牧





Fukui Higher Brain dysfunction support center福井県高次脳機能障害支援センター

〒910-0067
福井県福井市新田塚1-42-1
    福井総合クリニック内
TEL 0776-21-1300
   内線 2540
FAX 0776-25-8264

福井県高次脳機能障害支援センター  URLリンク   http://www.f-gh.jp/koujinou/ メールアドレス   fukui-koujinou@kve.biglobe.ne.jp 電話番号   0776-21-1300 (内線 2540)

個人情報保護方針