福井総合病院 フォトギャラリー ↑フォトギャラリー
文字サイズ変更  特大 大 普  交通アクセス  サイトマップ
Contents
患者さま
診療科
整形外科
内科
リハビリテーション科
消化器内科・外科
脳神経外科
リウマチ膠原病科
耳鼻科
眼科
小児科
泌尿器科
皮膚科
産婦人科
形成外科
放射線科
麻酔科
病理診断科
歯科口腔外科
病院紹介
なんでも相談
医療関係者
求人案内

グループトップへ
施設トップへ
個人情報保護方針
 診療科
消化器内科・外科
対象疾患
  • 食道・胃の腫瘍
  • 小腸・大腸の腫瘍
  • 肝臓の腫瘍
  • 胆嚢・胆管の腫瘍
  • 膵臓の腫瘍
  • 逆流性食道炎(胃食道逆流症)、食道潰瘍、食道狭窄、アカラシア
  • 胃炎(急性・慢性)、胃十二指腸潰瘍
  • 急性虫垂炎、腸管感染症、憩室炎、虚血性腸炎、過敏性大腸症候群、便秘症
  • 炎症性腸疾患(クローン病、潰瘍性大腸炎)
  • 腸閉塞、腸捻転、腸重積
  • 肛門疾患(いぼ痔、切れ痔、痔瘻、肛門周囲膿瘍)
  • 肝炎(急性・慢性)、肝硬変、門脈圧亢進症(食道胃静脈瘤)
  • 胆石、胆嚢炎、胆管炎
  • 膵炎(急性・慢性)
  • 鼠径ヘルニア、大腿ヘルニア、臍ヘルニア、腹壁ヘルニア
  • 乳腺の腫瘍、乳腺の炎症
  • 甲状腺の腫瘍、甲状腺の炎症 など
                             手術成績はこちら
医師紹介
泉 俊昌 科長 福井総合クリニック 院長
資格 日本外科学会 外科専門医・指導医
日本消化器外科学会 消化器外科専門医・指導医
日本消化器外科学会 消化器癌外科治療認定医
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医・指導医
日本乳癌学会 認定医
日本人間ドック学会 認定指定人間ドック認定医
日本人間ドック学会 人間ドック健診専門医制度暫定指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本静脈経腸栄養学会 認定医
日本医師会 認定産業医
  専門分野 消化器外科
乳腺外科
甲状腺外科
今まで主に消化器癌・乳癌・甲状腺癌など悪性腫瘍の治療を中心に診療・研究を行ってきました。病気に対する十分な説明と患者さま自身の理解と納得を基本に、完治とQOL(より良い生活の質)を両立させた、過不足ない適切な治療を心がけています。特に悪性腫瘍の治療には長期間の継続した治療・経過観察が必要になります。ぜひ、当科の診療実績「消化器癌の手術成績」をご覧になってください。また、納得できない点・不安な事があったら、どんどん質問してください。

恩地 英年   外科部長
資格 日本外科学会 外科専門医
日本消化器外科学会 消化器外科認定医
日本消化器外科学会 消化器癌外科治療認定医
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
マンモグラフィー精度管理中央委員会 認定読影医
日本医師会 認定産業医
  専門分野 消化器外科
一般外科
消化器外科疾患を中心に消化器関連疾患も診療させていただいております。ガイドラインに沿った治療・わかり易い説明により、安心して治療を受けていただけるよう心がけております。

麻生 慶子   外科医長
資格 日本外科学会 外科専門医
日本消化器病学会 消化器病専門医
  専門分野 消化器外科
消化器外科を中心に診療させていただいております。
女性らしい細やかな診療を目指して診察にあたりたいと思っております。

成瀬 貴之   外科医長
資格  
  専門分野  
  

真柄 里衣   外科医員
  資格  
  専門分野  
 

山口 明夫   外科顧問
福井医療大学学長
資格 日本外科学会 専門医・指導医
日本消化器外科学会 専門医・指導医
日本消化器病学会 専門医・指導医
日本大腸肛門病学会 専門医・指導医
日本肝胆膵外科学会 高度技能指導医
  専門分野 消化器外科
(特に直腸癌、肝胆膵の悪性腫瘍に対する手術)
これまで福井大学医学部外科に在籍して、主に消化器疾患の外科治療にあたってきました。胃癌、大腸癌を中心に、経験した手術症例は5000例を超えます。肝胆膵外科高度技能指導医にも認定され、肝臓、胆嚢、膵癌に対する高難度手術の経験も数多くあります。また直腸癌に対して、神経温存や肛門温存手術にも積極的に取り組んできました。紹介は火曜日午前外来にお願いいたします。 

松田 秀岳 非常勤医師  

上田 有紀 非常勤医師  

田中 知子 非常勤医師  

翠 洋平 非常勤医師  

診療内容・特色・実績
福井総合病院外科では情報公開の一環として、また“選ばれる病院”をめざし、消化器がん・乳癌・甲状腺癌等の手術成績を公開しています。今回更新した手術成績は、現在の診療体制が整った2000年4月より2019年3月までの19年間のものであります。
がんの手術は元々あった臓器が切除される“機能喪失の手術”であり、言い換えれば機能喪失と引き替えに生命を得ることになります。したがって手術成績の評価においては、短期的成績よりも長期的成績がより重要になります。術後5年生存率を公開するとともに、手術の危険性を知っていただくため術後合併症もあえて開示しました。症例の追跡率は、いずれの疾患でも95%以上であり、信頼度が高いデータとなっています。
当院の特徴としては脳卒中後のリハビリ患者や老人介護施設からの紹介患者が多く高齢かつ高リスクな手術患者が多いことでありますが、全国的に一流といわれている病院と比較しても遜色ない成績と自負しております。
詳細は以下のPDFファイル「消化器がん・乳癌の手術成績」をクリックしてご覧ください。


※がんの進行度は取扱い規約に基づき判定し、累積生存率はKaplan-Meier法にて算出しました。手術成績には切除不可能であった症例も含み、手術関連死は原病死として、他病死はその時点での打ち切り生存として算出しました。

専門医と連携したデータベース事業について
平成23年1月より日本全国で、関連する多くの学会が連携した「専門医と連携したデータベース事業」が開始となります。日本外科学会外科専門医制度修練施設である当院は、当然この事業に参加し、必要なデータ登録を行う責務を負っております。

詳しくは「専門医と連携したデータベース事業について」をご参照ください。
Adobe Readerのダウンロードページへ
※PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。