社会保障制度

高次脳機能障害は、行政上、精神疾患に位置づけられており、下記の制度の利用が可能な場合があります。各制度は、重複して申請可能なものもあります。

精神障害者保健福祉手帳

高次脳機能障害の方も精神障害者保健福祉手帳の対象となることがあります。手帳の交付を受けることで自立した生活が送れるような社会保障があります。高次脳機能障害の原因となった病気や怪我で、初めて受診した日から6ヶ月後に申請することができます。

精神障害者保健福祉手帳について詳しくはこちら


障害福祉サービス

障害者自立支援法により障害の種別にかかわらず、共通のしくみの中で福祉サービスが受けられます。高次脳機能障害の方は手帳または診断書にて申請することができます。

障害福祉サービスについて詳しくはこちら


自立支援医療(精神通院医療)

精神疾患で通院されている方への医療費助成制度です。高次脳機能障害のための通院・リハビリが対象となることがあります。

自立支援医療(精神通院医療)について詳しくはこちら


重度心身障害者医療費助成制度

重度障害者の経済的な負担を軽減するための助成制度です。高次脳機能障害の方は通院医療(高次脳機能障害以外の通院も含めて)が対象となります。

重度心身障害者医療費助成制度について詳しくはこちら


障害年金

年金に加入している人がけがや病気で障害者になった時、障害年金が支給されることがあります。高次脳機能障害の原因となった病気や怪我で、初めて受診した日から1年6ヶ月後に申請することができます。

障害年金について詳しくはこちら