TOPページ>高次脳機能障害への対応




   高次脳機能障害への対応

  高次脳機能障害の症状は、脳の損傷した場所によって、人それぞれ異なり、重症度も様々です。また、その場の環境や対応する相手によって、現れ方が異なる場合もあります。しかし、周囲の環境を整えたり、対応の仕方を工夫するなど、適切な対応を行えば、それまでうまく出来なかったことが出来るようになったり、問題行動が減ったりすることがあります。


   家族・周囲の人が高次脳機能障害を理解する
以前と人が変わってしまった、今まではできていたことができなくなってしまった、と様々な変化があります。まずは、その変化を理解することから対応は始まります。
   目に見えない障害を想像する
高次脳機能障害を持つ方の行動や反応に興味をもって、「どうしてそのような行動をとっているのか」「なぜこんな風に反応するのか」と想像力を働かせることが、その人への適切な対応を探る第一歩となります。
   忍耐力をもって接する
適切な対処法をくり返し実行して、その結果、毎日の生活の中で、出来る事がひとつひとつ増えていきます。くり返し行って習慣にしていくことは非常に手間がかかり、根気がいります。すぐに結果を求めて、本人を追い込んでしまうことがないよう、忍耐力をもって接することが大切です。
   環境を整える
高次脳機能障害を持つ方は周囲の様々な情報を受け取ることが苦手になるため、その方にあわせて生活空間を整えたり、対応する人(家族、関係するスタッフ)が適切な声かけや支援方法を統一することが大切です。
   代償手段を身につける
脳の失われた機能を他の方法(タイマーや手帳、作業の手順表など)で置き換えることが効果的な場合があります。

相談窓口            
〒910-0067
福井市新田塚1-42-1 福井総合クリニック内
TEL:0776-21-1300
(内線5934)
FAX:0776-25-8264


COPYRIGHT 2008, Fukui Prefecture. ALL RIGHTS RESERVED.